4/23(月)18:30~20:00 ツクイ練馬南田中デイサービスで開催される、「認知症サポーター養成講座」のご案内です。

リハビリアートは「アート作品づくりの時間を通して人と街を元気にする活動」として、石神井公園西友通り商店を中心とした地域活動からスタートしました。これまでにワークショップを通しての会話・協力・工夫・アイディア・気づき・発見・・・から幅広い世代で人とのつながりが生まれ、街を支える土台(医療・防災・介護を支える見守りコミュニティ)が作れるように取り組んできました。

地域には多くの課題がありますが、その中でも特に認知症の方をどうやって地域で支えていくか、というのは大きな課題の一つです。(2012年の厚生労働省の調査で65歳以上の認知症の発症の割合は15%、2025年には20%、5人に一人が認知症を発症すると推定されています。)

認知症サポーター養成講座は、まずは認知症を正しく学び理解することで、自分たちの問題として認識し、日常生活のちょっとした手助けや、優しい対応ができるようになることを目的とした講座です。

講師を担当される藤木さんはリハビリアートのワークショップにもたびたびご参加・ご協力いただいている看護師・介護支援専門員・認知症支援推進委員です。(フローラ石神井公園支所)リハビリアートスタッフも講座に参加し、認知症への理解を深めたいと思っています。

認知症サポーターについて詳しくはこちらをご覧ください。