7/29(土)第6回リハビリアートワークショップを開催いたしました。

小学生~80代の方まで、18名の方にご参加いただき、これまで以上ににぎやかな会となりました。

黒竹の色を選んでいただき、骨組みを作るのに45分、和紙のちぎり絵を完成させるのに45分ほど、みなさん集中して取り組まれていました。

ちぎり絵のデザインは、落ち葉をイメージしてみたり、お花にしたり、スパンコールで飾ったり、思い思いの作品づくりに、大人も子供も楽しみました。

出来上がったら真っ暗な部屋でテスト点灯。部屋の中からわ「わ~!」と歓声が上がっていました。明るいところで見る様子とはまた違って、幻想的な雰囲気になりました。

街に展示した様子は、これまでになく華やかに!7色に変わっていくLEDライトが石神井の町を彩っていました。

8月はお休みとなりますが、9月からまた月1回ほどのペースでワークショップを開き、作品づくりを楽しみながら、地域の顔の見える関係づくり、コミュニケーションの場となればと思っています。

参加してくださった、みなさまありがとうございました!次回も楽しい企画をご用意して、またお待ちしております。