7/29(土)のワークショップに向けて、運営スタッフでランプシェードづくりの練習をしました。

説明書のついたキットですが、作りながら作業の手順や所要時間、制作のコツ、安全性などを確認していきます。

材料の黒竹は、最初はこのようにまっすぐな状態。広げるための裂け目がついています。8本の骨組みにするため、丸いワイヤーに沿ってまずは輪ゴムで止めて、形を整えていきます。

輪ゴムをつけ終わったら、切断したワイヤーをラジオペンチで止め付けていきます。細かい作業ですので、指先の訓練になりそうです。

※制作が難しい場合は、スタッフがお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

====

骨組みが出来上がったら、ちぎり絵和紙でシェードを彩っていきます。

繊維がしっかり入った和紙ですので、まっすぐちぎるのは難しいですが、そこを楽しんでいただければと思います。味わいある仕上がりとなります。ハサミを使って切れば、細かい表現も可能です。

皆さまのご参加お待ちしております。